ここから本文です

稀勢 連合稽古で琴奨菊を圧倒

東スポWeb 9月5日(月)16時45分配信

 大相撲秋場所(11日初日、東京・両国国技館)で綱取りに挑む大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が4日、千葉・松戸の佐渡ヶ嶽部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加した。大関琴奨菊(32=佐渡ヶ嶽)との三番稽古では10番取って8勝2敗と圧倒。「だいぶ体も切れてきた。疲れはほとんどない。10番だけど、お互いに力を出すいい稽古ができた」と納得の表情を浮かべた。

 一方、休場明けの琴奨菊は「上体が浮いてしまった」と反省しつつも「今の状態としてはいい」と手応えも得た様子。6度目のカド番で迎える本番へ向けて「巡業に出ていないし、不安との闘いもあった。(巡業中は)トレーニングはしていたし、休場する前の(筋力の)数値を超えている日もあった。力は落ちていない」と前向きに話した。

最終更新:9月5日(月)16時45分

東スポWeb