ここから本文です

ザ・ビートルズの映画に“14歳のシガニー・ウィーバー(「エイリアン」ほか)”が登場!?

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月5日(月)16時43分配信

ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描く、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」が、9月22日より全国公開される。

【詳細】他の写真はこちら

ファン、メディア、各国のアーカイブから集められた100時間以上の貴重な未公開映像、メンバーからのプライベートコレクション、さらに、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターがあらたに語る真相や、当時の関係者や著名人のインタビューも収録された本作。この本編のインタビューに、シガニー・ウィーバー、ウーピー・ゴールドバーグ、エルビス・コステロらビッグセレブが、当時のライブの思い出などインタビューに答えていることがわかった。

HOLLYWOOD BOWLのライブを鑑賞した14歳だったシガニー・ウィーバーは、ロン・ハワードが集めたアーカイブの中で発見され、今回の出演となった。また、ザ・ビートルズのファンにとっては「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! 」「ヘルプ!4人はアイドル」の監督を務めたリチャード・レスターのインタビューが入っているもの見どころとなっている。

なお、日本で上映される本編には、日本限定版として50年前の来日時のパートが特別に長く編集されており、武道館でのライブシーンも収録。

さらに、ビートルズ日本公演主催の中部日本放送(後のCBCテレビ)の依頼で、写真集「ビートルズ 東京-100時間のロマン」を手がけ、ビートルズが宿泊したホテルの同フロアに寝泊まりし、4人の姿をカメラに収めることを許された唯一の日本人カメラマンである浅井慎平のインタビューも入っている。

14歳だったシガニー・ウィーバーの貴重な写真も公開された。

(C)White Horse Pictures

映画情報
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」
9月22日(木・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開
出演:ザ・ビートルズ
監督:ロン・ハワード
配給:KADOKAWA
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社
後援:ブリティッシュ・カウンシル
(C)Apple Corps Limited. All Rights Reserved.

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」映画サイト
http://thebeatles-eightdaysaweek.jp/

最終更新:9月5日(月)16時43分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。