ここから本文です

9年目・穴井、ホステス大会でツアー初V!大会新14アンダー

スポーツ報知 9月5日(月)6時3分配信

 首位で出たプロ9年目の穴井詩(らら、28)=ゴルフ5=が6バーディー、1ボギーの67で回り、所属先が主催するホステス大会でツアー初優勝を飾った。

 2013年の吉田弓美子を2打更新する大会記録の通算14アンダー。同じ最終組で回った元世界ランク1位の韓国・申ジエ(28)=スリーボンド=の圧力を振り払った。前週に続いて最終日最終組となった鈴木愛(22)=セールスフォース=は75と崩れ、6アンダーの6位に終わった。

 勝負弱い自分にさよならを告げた。最終18番。穴井は1・5メートルのウィニングパットを決めた。「9年は長かった。びびり倒したパットだった」。首位タイからこの日のベストスコア67をマーク。ホステス大会で悲願を達成し、緊張から解放されて白い歯がこぼれた。

 前日に続いて申、鈴木との最終組。元世界ランク1位の韓流プロは、3週間の休養を挟んで通算13勝目を奪いに来た。「(ヘビー級の)世界チャンピオンに日本のバンタム級が挑むよ」。2日目終了後、鈴木に話した。自分に言い聞かせるような口調だった。「力がありながら勝てない。あとは気持ちだけだった」と渋谷一英キャディー(34)。申に17番で2打差に迫られた最終ホール。「思い切り振ろうと決めて打った」。強気でかっ飛ばした平均飛距離270ヤードのドライバーは左ラフに入ったが、大けがはなし。重圧に打ち勝つパーセーブで栄冠を手にした。

 14年LPGAツアー選手権リコーカップ。単独首位で迎えた最終日、テレサ・ルー(台湾)にプレーオフの末に敗れた。これを含めて08年にプロ転向後2位が3回。「あの経験を経て、いろんな負け方をして精神的に鍛えられた」。先週のニトリレディスでは5発の池ポチャもあり41位。「池に対して免疫がついた」。今週の18番ではコース右の池に目もくれず、自慢のドライバーを振り抜けた。

 次の目標を聞かれ「メジャー(優勝)が欲しい」と即答した。初Vで弾みをつけ、8日からの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(北海道・登別CC)を迎えるが、表情がさえない。「問題が1つありまして…。練習ラウンドができないんです」。不注意で、コースの使用は2日までに予約が必要だと知らなかった。「プロアマ戦(7日)で見ておくしかないですね」。異例の“逆境”も強気ではねのけられそうだ。(浜田 洋平)

最終更新:9月5日(月)6時3分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]