ここから本文です

イングランドに敗れたスロバキア、ハムシクは判定に不満

GOAL 9月5日(月)7時22分配信

スロバキア代表は4日、ワールドカップ(W杯)欧州予選でイングランドをホームに迎え、0-1で敗れた。MFマレク・ハムシクは、判定が厳しかったと主張している。

ハムシクが指摘しているのは、57分のシーン。DFマルティン・シュクルテルがインターセプトを狙って足を出すと、相手FWハリー・ケインに対するファウルをとられて、2枚目のイエローカードで退場となった。

ハムシクはこの判定が厳しかったと感じており、次のように話している。

「11人対11人でも厳しかったというのに、シュクルテルを失ってしまうとね…。審判はちょっと厳しすぎたと思うよ」

10人になったスロバキアは、終了間際に失点して敗れた。

「とにかく前を見なければいけない。ポジティブにいかないとね。この初戦は、このグループの本命が相手だったんだ」

GOAL

最終更新:9月5日(月)7時22分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。