ここから本文です

サッカー=フランス連盟会長、ベンゼマの代表復帰に前向き

ロイター 9月5日(月)11時37分配信

[4日 ロイター] - フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長は4日、フランスのレキップ紙にてFWカリム・ベンゼマの代表復帰について語った。ベンゼマはフランス代表のチームメイト、マチュー・バルブエナに対する恐喝疑惑で調査を受け、2015年12月にFFFから無期限代表活動停止処分を受けていた。

グラエ会長は「私は生涯の処分に反対だ。彼は欧州選手権(ユーロ2016)に出場できなかった。それは大きな処分だ。問題はまだ解決されていないが、彼を代表に選出するのは可能だ。判決が出たら、あとはディディエが選出するかどうかを決める」と、最終決定は代表を率いるディディエ・デシャン監督に任せるものの、自身はベンゼマの復帰を前向きに検討していることを示した。

最終更新:9月5日(月)11時37分

ロイター