ここから本文です

IoTで光るスニーカー「Orphe(オルフェ)」が一般発売

アスキー 9月5日(月)15時25分配信

著名アーティストがコラボレーションするなど人気のIoTスニーカー「Orphe(オルフェ)」が一般発売される。発光パターンをスマホからコントロールできる。

 no new folk studioは9月5日、スマートフットウェア「Orphe(オルフェ)」を9月9日に一般発売すると発表した。
 
 Orpheは2014年にクラウドファンディングで資金を獲得したプロジェクト。約100個のLEDをソール部に内蔵したスニーカー。スマホと接続して発光色やパターンをカスタマイズできる。さらにソール部には9軸モーションセンサーも内蔵しており、履いている人の動きをリアルタイムに取得して各種のアプリで利用できる。
 
 著名アーティストとのコラボレーションや金沢21世紀美術館での展示、一般販売に先行した予約販売では人気を集めた。
 
 一般販売ではブラックとホワイトの2種の本体色、5サイズが用意される。価格は4万8384円。対応アプリはiOSまたはAndroidで、現在SDKも開発が進められている。
 
 
文● 行正和義 編集/ASCII.jp

最終更新:9月21日(水)12時9分

アスキー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。