ここから本文です

イチロー、1番で右前打 3年ぶり振り逃げも記録

デイリースポーツ 9月5日(月)7時44分配信

 「インディアンス-マーリンズ」(4日、クリーブランド)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はインディアンス戦に「1番・右翼」で出場し、七回に右前打。メジャー通算3016安打とした。

 休養を与えられたゴードンに代わり、8月14日以来となる1番で起用されたイチロー。初回の打席は、初顔合わせの右腕、サラザーがカウント1-2から投じた低めの135キロチェンジアップに空振り三振を喫した。

 1点を先制し、なおも無死二、三塁の好機で迎えた三回の打席は中飛。カウント3-1から内角高め、151キロ直球を振り抜いたが、浅い飛球となり、三塁走者を生還させることはできなかった。

 1点リードの五回1死一塁の第3打席は空振り三振。1ボールからの2球目にスタートを切った一塁走者が一、二塁間で挟殺され、2死走者なしに。カウント1-2からの4球目、内角高めの154キロ直球にバットは空を切ったが、捕手が後逸し、13年4月30日のアストロズ戦以来、3年ぶり自身4度目の振り逃げを記録した。

 1-0の七回1死一塁の第4打席は右前打。2番手右腕、オテロの初球、高めの144キロシンカーを一、二塁間へ弾き返して好機を拡大し、後続の適時打につなげた。

最終更新:9月5日(月)8時19分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]