ここから本文です

【DeNA】球団創設5年目…悲願、初CSへ!ファンよ力を下さい!

スポーツ報知 9月5日(月)15時2分配信

 初のクライマックスシリーズ(CS)進出にばく進するDeNA。グラウンド外でも、球団創設5年目での悲願に向けた機運が盛り上がっている。数値が減るごとに発売する「CSクリンチTシャツ」、主催試合を日本全国どこでも視聴できるネット中継「DAZN(ダ・ゾーン)」がスタート。12球団で唯一、CS経験のないチームが一体となって、歓喜の瞬間を待つ。(神原 英彰)

 毎試合、熱戦を繰り広げるスタジアムの外でも、DeNAのCS進出への熱は、高まっている。目玉が「VAMOS! CSTシャツ」だ。カウントダウン企画として、3位以内確定まであと何勝が必要かを示すCSクリンチが減るたび、その数値が入ったオリジナルTシャツを発売。ベイスターズらしいユニークな試みだ。

 「球団史上初のCS出場に向けて、ファンの皆様と盛り上がり、チームを応援したい」との思いから発案され、CSクリンチが「25」になった8月19日から企画はスタート。価格は3000円(税込み)で、数値が減った翌日午前11時からオフィシャルショップと同ウェブショップで販売している。

 背番号ともリンクさせて「25」では筒香、「21」では今永、「18」では三浦など、人気選手がプリントされたバージョンが続々と登場。CSクリンチが「13」となった3日までに、すでに13枚が発売された。カウントダウンしつつ、すべてのTシャツを集める楽しみもある。悲願達成となる25枚目が発売される日を、球団もファンと一体となって心待ちにしている。

ネット中継「DAZN」開始

 盛り上げ方はグッズだけではない。英国のスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」が8月23日に日本でサービスをスタート。それに伴い、DeNAの主催全試合がネット上で視聴可能となり、日本全国、どこにいてもベイスターズを後押しすることが実現した。

 球界の盟主・巨人は地上波で試合が放映されたことでファンを増やしてきたが、DeNAはネットで見る新しい世代との接点を作って、ファンを取り込み「インターネットのジャイアンツ」を目指している。「DAZN」が加わって、ネット中継は「SHOWROOM」「スポナビライブ」「ニコニコ動画」を合わせて計4媒体となり、球界最多となった。

 特に1750円(プラス税)で国内外のサッカーやバレーボールなどの130以上のスポーツコンテンツ、年間6000以上の試合を視聴できる「DAZN」は、ライブ観戦中での巻き戻しやハイライト映像を視聴できる機能があり、新感覚で試合を楽しむことができる。

 CS進出をかけた直接対決となる6日からのヤクルト3連戦(横浜)では、マークイズみなとみらいで正午から試合終了まで「DAZN」の体験イベントも開催される。

 主催試合では、球団創設5年目で最多となる47度の大入りをすでに記録し、観客収容率は9割以上で推移。チケットのプラチナ化が進む中、球場の外からもCS進出への後押しをしようと、盛り上がりを見せている。

絶対に落とせないヤクルトとの直接対決

 DeNAのCS進出へ向けた戦いは、ここからが最後の正念場となる。残り16試合。重要となるのが、ヤクルトとの直接対決だろう。

 6日からの3連戦を始め、7試合を残しており、そのうち4試合を本拠地で戦う。今季は11勝7敗と勝ち越してはいるが、ヤクルトも逆転進出に向けてDeNA戦を中心とした先発ローテを組む方針で、接戦となるのは間違いない。形勢が一気に変わる直接対決だけに絶対に落とせない戦いとなる。

 また、すでに負け越しが決まっている難敵・阪神との敵地・甲子園での3連戦(15日から)もカギになる。

 チームの先発陣ではエース・山口が10勝、2年目の石田が9勝を挙げ、好調を維持。10試合連続3得点以下も記録した8月の貧打を脱し、打線は上向きだ。ラミレス監督は経験を買って、30歳の元主将・石川を残り試合は二塁手として固定し、最後の戦いを乗り切る覚悟を示している。

 「ここまで来たら先を見ず、1試合1試合戦うだけ。CSに出ることは、若い選手が多いチームにとっても大きな経験となる」。球団初の快挙へ、就任1年目の指揮官の気合も十分だ。

最終更新:9月19日(月)12時50分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]