ここから本文です

【JNCC 第7戦】霧の栗子国際、見応えたっぷりのヒルクライム[写真蔵]

レスポンス 9月5日(月)17時31分配信

初開催となる山形県、栗子国際スキー場は朝から小雨と霧が発生し、視界が悪く、ライダーを苦しめた。また、東北地方を襲った台風の影響でウッズの中はマディコンディションと化していた。

[関連写真]

栗子は一番の見所であるヒルクライム「アドレナクリフ」がパドックから一望できることで、見ている観客も大いに楽しむことができる。また、「ムーンサルト」という難所も用意されており、ツルツル滑る岩盤の上では非常に繊細なアクセル操作が求められた。初めて走ったライダーも「いやぁ、走る前は楽しそうなセクションが少ないと思っていたけれど、アドレナクリフ面白かったです。ありがとうございました」と語っていた。

レースは小池田が鈴蘭、ほおのきに続いて3連勝。シーズン優勝に向けて大きく前進した。

《レスポンス 稲垣 正倫》

最終更新:9月5日(月)17時44分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]