ここから本文です

小田原にゲストハウス「プラムホステル」 「創業塾」1期生のオーナーが起業 /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月5日(月)15時40分配信

 小田原駅に近い栄町に9月1日、ゲストハウス「Plum hostel Odawara Hakone(プラムホステル)」(小田原市栄町3、TEL 080-3277-8810)がオープンした。(小田原箱根経済新聞)

共有スペース

 男女共同と女性専用の2部屋のドミトリー(相部屋)を用意する同ゲストハウス。オーナーの梅宮勇人さんの「梅」と小田原名物の「梅」から施設名に「プラム」と付けた。

 ニューヨークでの業務経験を持つ梅宮さんは、小田原・箱根エリアにはリーズナブルな価格帯でのゲストハウスの市場性があると判断。インバウンド顧客も堅調に推移することも予想していた。昨年10月に、小田原・箱根での創業を後押しする「第3新創業市・創業塾」の1期生として参加。創業についての知識や手法を学ぶ中で、ゲストハウス事業の経営と運営計画を確かなものにして起業した。

 ゲストハウスのあるビルの1階には、「創業塾」で同期の佐々木亮さんがサイクルショップ「Cycle Days」を開店・起業。「第3新創業市・創業塾」を推進する山居是文さんが運営する旧三福(小田原市栄町3)も近く、起業仲間がつながっている。

 梅宮さんは「オープン前にプレ宿泊企画を実施したところ好評で、運営に役立つ貴重な意見もあり、9月1日からのオープンに自信が持てた。海外からのゲストの問い合わせも入りはじめ、手応えを感じられるようになった。ニューヨークでの経験を生かしてインバウンドのゲストにも小田原と箱根の魅力を体験してもらえれば」と話す。

 宿泊価格は3,300円~。共有スペース、キッチン、シャワー(×2)、トイレ(×2)、洗面台(×2)を用意する。予約はフェイスブックで受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月5日(月)15時40分

みんなの経済新聞ネットワーク