ここから本文です

新海誠「君の名は。」週末動員首位キープ、「シン・ゴジラ」は2位に再浮上

映画ナタリー 9月5日(月)14時59分配信

9月3日から4日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、新海誠監督作「君の名は。」が首位の座を守った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

東京に住む男子高校生・立花瀧と山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉が夢の中で“入れ替わり”、惹かれ合っていくさまを描く「君の名は。」。キャストには神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子らが名を連ね、公開後8日間で観客動員数212万7800人、興行収入27億1200万円突破のヒットを記録した。

このほか公開6週目に突入した「シン・ゴジラ」が先週より順位を上げ、2位に再浮上。「ペット」は3位にランクインした。6位には「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」が初登場している。

2016年9月3日~4日の全国映画動員ランキングトップ10
(1→ / 2週目)「君の名は。」
(3↑ / 6週目)「シン・ゴジラ」
(2↓ / 4週目)「ペット」
(4→ / 2週目)「後妻業の女」
(5→ / 3週目)「青空エール」
(NEW)「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」
(8↑ / 4週目)「ジャングル・ブック」
(9↑ / 7週目)「ONE PIECE FILM GOLD」
(7↓ / 3週目)「ゴーストバスターズ」
(6↓ / 8週目)「ファインディング・ドリー」
※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

最終更新:9月5日(月)14時59分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。