ここから本文です

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」2巻記念、平尾アウリがサイン&トーク

コミックナタリー 9月5日(月)15時12分配信

平尾アウリ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」2巻が9月13日に発売されることを記念して、9月17日に東京・HMV&BOOKS TOKYOでサイン会とトークショーが行われる。

サイン会&トークショーの1部・2部の参加受け付けはすでに終了。本日9月5日の17時より、第3部への申し込みを20名分受け付ける。整理券の配布条件は、HMV&BOOKS TOKYOの7階にて「推しが武道館いってくれたら死ぬ」2巻を全額内金にて予約すること。定員に達し次第終了となるため、詳細は店頭にて確認を。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、アイドルとファンの関係を題材にした百合コメディ。弱小グループの中でもさらにマイナーなメンバー・舞菜に夢中な女性・えりぴよを中心に、ライブ現場で知り合ったファン同士がコミュニケーションを取る様子などを描いている。月刊COMICリュウ(徳間書店)で連載中。

平尾アウリトークショー&サイン会
開催日:2016年9月17日(土)
会場:HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース

最終更新:9月5日(月)15時12分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。