ここから本文です

日本初のフリマアプリ「FRIL」を楽天が買収 「ラクマ」と相互送客

ITmedia ニュース 9月5日(月)12時47分配信

 楽天は9月5日、フリマアプリ「FRIL」(フリル)を運営するFablicの発行済み全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。買収価格は非公表。楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」と相互送客するなどし、CtoC事業を強化する。

 FRILは日本初のフリマアプリとして2012年7月にサービスを開始し、累計500万ダウンロードを超えているという。楽天のフリマアプリ「ラクマ」は2014年11月公開。両サービス合計の7月末時点での月間流通総額は数十億円規模という。

 FRILはファッションや美容商品に注力しており、10代後半~20代を中心とした女性から支持を集めている一方、ラクマは各ジャンル均等に幅広いユーザーがいるという。今後は相互送客したり、FRILに「楽天会員ID」でログインできるようにし、「楽天スーパーポイント」を活用したポイントキャンペーンを行うなどして顧客基盤を強化・拡大する。

 国内フリマアプリ市場では、「メルカリ」が3000万ダウンロードを突破するなどトップを独走。LINEもフリマアプリ「LINE MALL」を運営していたが、今年5月にサービスを終了した。

最終更新:9月5日(月)12時47分

ITmedia ニュース