ここから本文です

ビートたけし 大橋巨泉さんは「テレビの全盛期のスター」

東スポWeb 9月5日(月)20時19分配信

 急性呼吸不全のため7月12日に死去したタレントで元参院議員の大橋巨泉さん(本名・大橋克巳=享年82)のお別れ会「大橋巨泉を偲ぶ会」(5日、都内)に、ビートたけし(69)が出席した。

 若いころからたけしを評価していた巨泉さんは「お前のおかげでテレビからリタイアするのが何年か遅れたよ」と言っていたという。「5~10年延びた。お前のせいだ、なんて言われたよ。ありがたかったね。野球の全盛期のスターが王さん、長嶋さんだったように、巨泉さんはテレビの全盛期のスターだった」と話した。

 巨泉さんはたけしを何度も旅行に誘い「ニュージーランドやカナダ、ハワイ、大体のとこに遊びに連れて行ってくれた」という。記憶にあるのはオーストラリア旅行だ。巨泉さんがクルーザーに仕掛けていた、釣りの仕掛けに大きなマッドクラブがかかっているのを見たたけしは、夜中に一緒にいた石坂浩二を誘って「2人でワインとマッドクラブで一杯いこう。巨泉のオヤジのカニ、食っちまおう」と話したという。

 ところが用意ができた瞬間にたけしに日本から電話があり、用事ができたため、一緒に食べられなくなった。そこで石坂は1人で食べたのだが、翌日ひどい下痢に襲われたとか。「カニに当たって、ゴルフ場のカートにうんこ、たらしながら乗ってた。帰ってきたら上下全部衣装変わってた」

 これを見た巨泉さんは「何やってんだ、浩二?」とあきれていたそうだが、「石坂さんも『アンタのカニ食った』とは言えないから黙ってたけど、あれ見て『しぶといな、このオヤジ』と思った。巨泉さんが食ってたら、今でも笑ってやろうと思ってるのに」と懐かしんだ。

最終更新:9月5日(月)20時19分

東スポWeb