ここから本文です

月額500円~でLINEが使い放題、「LINEモバイル」9月5日に提供開始

ITmedia Mobile 9月5日(月)13時49分配信

 LINEが9月5日、MVNOサービス「LINEモバイル」の詳細を発表した。9月5日14時に2万契約限定で先行開始し、LINEモバイルのWebサイトから申し込める。本販売は10月1日を予定している。

【LINEフリーの料金プラン】

 LINEモバイルでは、LINE、Twitter、Facebookの通信量をカウントせず、使い放題になる。料金は月額500円(税別、以下同)で1GBのデータ通信ができ、LINEが使い放題になる「LINEフリー」と、月額1110円~2640円で3GB~10GBのデータ通信ができ、LINE、Twitter、Facebookが使い放題となる「コミュニケーションフリー」の2プランを用意。

 LINEフリーは、データ通信が月額500円、SMS付きが月額620円、音声通話付きが月額1200円となる。コミュニケーションフリーは、データ通信+SMSが月額1110円/3GB、月額1640円/5GB、月額2300円/7GB、月額2640円/10GB、データ通信+音声通話が月額1690円/3GB、月額2220円/5GB、月額2880円/7GB、月額3220円/10GBとなる。

 LINEは無料通話、トーク、画像や動画の送受信、タイムラインの閲覧などが使い放題の対象。Twitterはタイムライン閲覧やメッセージ、Facebookはタイムライン閲覧や投稿などが使い放題の対象。LINE LIVE、Facebookメッセンジャーや、外部サイトへの接続は対象外。

 LINEモバイルはNTTドコモの回線を使用しており、NTTコミュニケーションズがMVNEとして支援している。毎月のデータ通信量を使い切ると、速度が200kbpsに制限される。

 これまで大手キャリアの通信サービスでしかできなかった、LINEの年齢認証とID検索が全プランで可能になる。また全プランでデジタルアーツのフィルタリングソフト「i-フィルター」を提供する。

 LINE PayとLINEポイントの連携も行い、月額料金をLINE Payで支払えるほか、月額料金の1%がLINEポイントとしてたまる。LINEでつながっている友だちに、500MBからのデータ容量のプレゼントも行える。LINEにてLINEモバイル公式アカウントも開設し、トーク上で毎月のデータ残量確認やデータ容量プレゼントなどができる。

 端末のセット販売も行うほか、SIM単体での契約も可能。端末(価格)はスマートフォンが「AQUOS mini SH-M03」(4万9800円)、「arrows M03」(3万2800円)、「arrows M02」)2万9800円、「HUAWEI P9 lite」(2万8800円)、「ZTE BLADE V7 Lite」(2万2800円)、「ZenFone Go」(1万9800円)、「ZTE BLADE E01」(1万3800円)、タブレットが「ZenPad 7.0」(2万3800円)をラインアップする。

最終更新:9月5日(月)16時29分

ITmedia Mobile