ここから本文です

「こち亀」神田明神に奉納された絵巻物のミニチュア付き∞巻が11月に

コミックナタリー 9月5日(月)16時35分配信

秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の∞(無限)巻が、11月4日に刊行されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

先日、9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号(集英社)での完結が発表された、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。連載40周年のトリを飾る記念本として刊行される∞巻は、神田明神に奉納された「こち亀」の巨大絵巻物のミニチュアと、絵巻にまつわるマンガや解説を収めた本がセットになっている。

また週刊少年ジャンプ42号と同日発売の単行本最終200巻は通常版に加え、350人を超えるキャラクターの情報と全話のリストを掲載した、「こち亀超書(スーパーノート)」を同梱してケースに収めた40周年記念特装版をラインナップ。なお200巻には同作の最終話までが収録される。

最終更新:9月5日(月)16時35分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。