ここから本文です

北発射のミサイル、日本防空識別圏の海上に落下=韓国政府が発表

WoW!Korea 9/5(月) 15:01配信

北朝鮮が5日昼12時14分ごろ、黄海北道黄州(ファンヘブクド・ファンジュ)一帯から日本海に向けて、ノドンミサイルと推測される弾道ミサイル3発を発射した。

 3発すべて1000キロ内外を飛行したと調査され、日本の防空識別圏内である海上に落下した。

 韓国参謀本部は「北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、ノドンミサイルと推定され、飛行距離は1000キロ内外。日本の防空識別圏内海上に、事前航行警報発令なしに発射された」と発表した。

 これを前に北朝鮮は、先月3日にもノドンミサイルと推定される弾道ミサイル2発を発射、さらに同月24日には潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射していた。

 参謀本部は「追加情報については、韓米が精密分析中である」とし、「韓国軍は、北朝鮮の挑発動向を鋭意注視しながら万全の体制を維持している」と強調した。

最終更新:9/5(月) 15:01

WoW!Korea