ここから本文です

月額500円からのMVNO「LINE MOBILE」スタート LINE、Twitter、Facebookが“使い放題”

ITmedia ニュース 9月5日(月)14時42分配信

 LINEは9月5日、MVNOサービス「LINE MOBILE」の提供を始めた。NTTドコモ回線を利用したモバイルデータ通信と音声通話が可能で、基本料金は月額500円(税別、以下同)から。5日午後2時に2万アカウント限定で先行登録をスタートし、SIMカードが届き次第利用できる。本格提供は10月1日からの予定。

【画像】Twitter、Facebookも“使い放題”の料金詳細

 LINE、Twitter、Facebookのデータ通信量をカウントせず、無料でいくらでも利用できるのが特徴。プランは、LINEの通話とトークが“使い放題”になる「LINEフリー」(月額500円から)と、LINEとTwitter、Facebookが使い放題になる「コミュニケーションフリー」(月額1110円から)の2通りを用意。いずれのプランもデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMをラインアップする。

 余ったデータ通信容量は翌月末まで繰り越しできるほか、LINE MOBILEのユーザー間でデータ容量を送り合うこともできるという。利用開始月の基本利用料は無料。

 SIMカードのみの契約に加え、LINE MOBILEの利用設定を済ませたSIMフリー端末も販売する。提供するのは「AQUOS mini SH-M03」「arrows M03」「ASUS ZenPad 7.0」など8機種・19バリエーション。

 同社によれば、今回は「LINE MOBILE 1.0」としてコミュニケーションにフォーカスしたが、次のアップデートではLINE MUSICにも対応する予定という。

最終更新:9月5日(月)18時21分

ITmedia ニュース