ここから本文です

【日本ハム】自力V復活も、6点差追いつかれ延長12回降雨コールドで何とかドロー

スポーツ報知 9月5日(月)6時6分配信

◆オリックス7―7日本ハム=12回降雨コールド=(4日・ほっともっと神戸)

 神戸の雨雲と同様に栗山監督の表情が晴れることはなかった。7回、中継ぎ陣が乱れ6点差を追いつかれながらも延長12回裏無死一塁、雨天コールドで何とか引き分けた。ソフトバンクのマジックを消したが「全然関係ない。リードを守れなかったのは俺の(救援陣の)使い方が悪いから」と責任を背負い込んだ。

 6週連続で6連戦を戦った最後の試合。疲労はピークだったがさらに不運も重なった。13時開始の試合が終わったのは18時7分。予定していた新千歳空港行きの航空機に間に合わず、大阪市内に延泊することになった。6日のロッテ戦(旭川)へ向け5日に“大移動”することになり実質休日はなくなった。

 ソフトバンクとは1差に迫ったがこれで3カード連続勝ち越しなし。チーム状態は決してよくない。指揮官は「勝たせてあげられなかったのは申し訳ないけど負けなかったのも事実」と何とかプラス思考に転じようと必死だった。

最終更新:9月5日(月)11時24分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]