ここから本文です

「℃‐ute」武道館公演 吉田・伊調・登坂サプライズ登場で大興奮

東スポWeb 9月5日(月)21時30分配信

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃‐ute」(リーダー・矢島舞美=24、中島早貴=22、鈴木愛理=22、岡井千聖=22、萩原舞=20)が5日、東京・千代田区の日本武道館で単独公演「℃‐ute 12年目突入記念 ~℃‐Fes!Part1 9月5日も℃―uteの日 at 日本武道館~」を行った。

 インディーズ時代の2曲を含めたA面シングル全43曲を歌う記念日イベント第1弾を行った℃‐uteに、ビッグサプライズが待っていた。

 序盤のMCで、親交の深いリオ五輪レスリング女子53キロ級銀メダリストの吉田沙保里(33)、五輪4連覇を果たした58キロ級の伊調馨(32)、48キロ級金メダリストの登坂絵莉(23)がスペシャルゲストとして登場したのだ。会場に集まった約1万人のファンも大興奮だ。

 矢島が「メンバーたちも(試合中は)リアルタイムでグループラインでやりとりして、めっちゃ盛り上がりました! メダル獲得おめでとうございます!」と祝福すると、吉田は「キュートの応援が背中を押してくれました」と感謝した。3選手のメダルを触らせてもらうと、鈴木は緊張のあまり「早く受け取って~!」と次に触る予定の岡井をせかした。

 東京スポーツ新聞社制定「2015年度プロレス大賞」授賞式では、女子レスリング特別表彰に℃‐uteはプレゼンターとして訪れ、その後の特別対談では吉田が「女子会やろう!」と提案していた。

 ステージで萩原が「いつ女子会してくれるんですか?」と切り出すと、吉田は「スケジュールが合う日でというのは、いつまでたってもやらないから、決めてやりましょう!」とファンの前で改めて約束した。

 縁をつないだレスリング協会公認応援歌「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」もライブ終盤のヤマ場で披露。最後は「Kiss me 愛してる」でフィナーレを迎えた。3選手の“メダル効果”で最高のステージとなった。

最終更新:9月5日(月)21時30分

東スポWeb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。