ここから本文です

アキバ「モエファーレ」リニューアルオープン 名前が長すぎるアイドルがプロデュース

東スポWeb 9/5(月) 21:45配信

 東京・秋葉原のライブハウス「モエファーレ秋葉原」が、新たに「秋葉原クロロフォルム」として10日にリニューアルオープンする。そのこけら落としを8人組美少女アイドル「2o LOVE to Sweet Bullet(トゥー・ラブ・トゥ・スウィートバレット)」がプロデュースすることになった。

「モエファーレ」は、アイドルの聖地・秋葉原で最大級のライブイベントスペース。アキバ系アイドルの間ではライブアイドルの聖地として知られてきたが、ファンのニーズに合わせてリニューアルする。

 従来のステージを2倍に広げたほか、多次元的な最新鋭の照明システムを導入し、異次元空間の演出を可能にした。「これまで以上にエキサイティングなライブ空間を創出していきたい」と劇場関係者。名称も「クロムフォルム」として刺激的な新スタートを切ることになった。

 リニューアル・オープンのこけら落としのプロデュースという大役に抜てきされたトゥー・ラブは、昨年8月に「アイノハナ」でデビューした中高生8人組アイドル。平均年齢は16歳で「愛と平和の伝道師」をキャッチフレーズに活動している。

「グループ名が何て読んでいいか分からない!」「グループ名が長すぎる」といった一部ファンからのクレームもあったが、それが逆に功を奏し、注目率も高まった。すでにシングルも5枚出しており、新曲「日比谷線ダイアリー」も好調だ。

 こけら落としの当日は「月と太陽」「アフロディーテ」「君と僕、ときどきメランコリック」など、アキバで人気のアイドルグループが歌って踊る予定だ。

最終更新:9/5(月) 21:45

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]