ここから本文です

東京ディズニーシー15周年…プロメテウス火山からミッキー形噴火“奇跡の一枚”

スポーツ報知 9月5日(月)5時4分配信

 東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の開園15周年記念セレモニーが開園記念日の4日、開催された。

 開始直前に雨がやみ、ミッキーマウスらディズニーの仲間たちが15周年のロゴが入った船に乗って登場。運営するオリエンタルランドの加賀見俊夫会長(80)は、この日の天気が15年前の開園時と同じ雨模様だったことについて触れ「今日と同じように雨模様の中、太陽の日が差し込んでくる感動的な場面を思い出します」とあいさつした。

 ステージではミッキーたちが港を背にして元気いっぱいにダンスを披露し、プロメテウス火山から火が噴き出ると、本紙がキャッチした写真では火の形がミッキーマウスのように見える“奇跡”も。シャッターチャンスが生んだ偶然だった。セレモニーは当初、4月15日に予定されていたが、直前に震度7に見舞われた熊本大地震に配慮して中止となっていた。

最終更新:9月5日(月)5時4分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。