ここから本文です

北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く非難=韓国政府が声明

聯合ニュース 9/5(月) 16:59配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は5日、北朝鮮が南西部の黄海北道・黄州から東海上に向け、弾道ミサイル3発を発射したことを受け、「北の核とミサイル開発は朝鮮半島だけでなく、周辺国や国際社会に対する実質的な脅威となることを見せる厳重な挑発行為」と強く非難する報道官声明を発表した。

 声明は弾道ミサイルの発射を「国連安保理決議に対する露骨な違反」と指摘。「G20(20カ国・地域)首脳会合に出席した各国の首脳が北の核とミサイルについて深刻な憂慮を表明している中、再び挑発に踏み切った」として、「こうした挑発で北が得られるものは何もなく、われわれと国際社会の制裁と圧迫の意志をさらに強めるだけだ」と強調した。

 また、韓国が主要国との緊密な協力の下、安保理などで必要な措置を取るとともに、韓米合同防衛力に基づき徹底した対応態勢を堅持していくとの姿勢を示した。

 韓国軍の合同参謀本部によると、北朝鮮は同日午後0時14分ごろ、中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられる弾道ミサイル3発を発射した。飛行距離は1000キロ前後とした。

最終更新:9/5(月) 17:04

聯合ニュース