ここから本文です

【競輪】元鯉戦士の兵動秀治、塚本善之が和歌山で奮走中

デイリースポーツ 9月5日(月)15時40分配信

 「普通開催・F2」(5日、和歌山)

 25年ぶりのセリーグ制覇へマジック4と盛り上がる広島東洋カープ。かつては赤ヘル軍団に在籍した現役競輪選手の2人が、5日開幕(7日まで)の和歌山競輪に同時配分され、奮闘している。

 1987年のドラフト5位で入団した塚本善之(46)=広島・72期・A3=は投手として88~90年に在籍。1軍登板はなく「3軍みたいなところに、ずっとおったから」と振り返る。

 97年のドラフト2位で入団した兵動秀治(37)=広島・97期・A3=は内野手として98~03年に在籍。1軍で46試合に出場し、4安打を放っているが「優勝経験はありません」と話す。

 現役競輪選手で元鯉戦士はこの2人だけ。塚本は「(兵動と)よく一緒になることはありますよ。(前を任せたときは)兵動が先行をしてくれたこともありますからね」と明かす。

 古巣が盛り上がっている状況だけに、この元鯉戦士の2人も競輪界で奮闘すること間違いなしだ。

最終更新:9月7日(水)8時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。