ここから本文です

iOS向けノートアプリ「7notes SP」登場、9月8日まで980円を無料に

ITmedia Mobile 9月5日(月)17時15分配信

 Metamojiが9月5日、手書き入力が可能なiOS向けデジタルノートアプリ「7notes SP」の提供を開始した。

【手書き文字を後から変換し直せる】

 7notes SPは、これまで提供していた「7notes for iPad」「7notes SP for iPhone」の後継アプリ。iPadとiPhoneの両方に対応しており、iPad/iPhoneでドキュメントを共有できる。基本的な操作性は従来の7notesを継承しているが、現行のiOSに最適化し、操作性を改善させた。iOS 8以降のモデルで利用できる。

 価格は960円(税込)だが、9月5日~8日までは無償で提供する。その後も、10月上旬までは期間限定キャンペーンとして480円(税込)で提供する予定。

 画面を2分割して同時に使用できるiPadの「Split View」に対応し、ブラウザやアプリを表示させながら文書を作成できる。またApple Pencilでの文書作成もできる。

 独自の手書き入力方式「mazec(マゼック)」を搭載しており、この手書き入力とキーボード入力を併用できる。

 mazecには、手書き文字をそのまま入力する「書き流し入力」と、手書きの平仮名や、漢字+平仮名から漢字に変換できる「交ぜ書き変換入力」を用意。例えば「会議」と入力するときに「会議」「かいぎ」「会ぎ」「かい議」などと書いても「会議」を変換できる。手書きした文字を後から変換したり、文字単位で装飾したりもできる。テキストや画像の貼り付けができるほか、登録したデータ(ユニット)が再利用可能になり、拡大・縮小・移動などの操作性も向上させた。

 ネットワークに接続しているときは、作成した文書はクラウド上のストレージに自動で保存され、フォルダでの管理もできる。iCloud、Googleドライブ、One Drive、Dropboxなど既存のクラウドサービスにも保存可能。圏外のときでも使える「オフラインモード」も用意している。

最終更新:9月5日(月)17時15分

ITmedia Mobile