ここから本文です

第73回ベネチア映画祭、トム・フォード監督が7年ぶりの新作発表

ロイター 9月5日(月)17時26分配信

[ベネチア 2日 ロイター] - イタリアで開催されている第73回ベネチア国際映画祭で2日、ファッションデザイナーでもあるトム・フォード監督(55)の第2作めとなる新作スリラー「Nocturnal Animals(原題)」が上映された。同監督の作品発表は7年ぶり。

元夫の小説を郵便で受け取った画廊オーナーとしてエイミー・アダムスが出演している同作は、人生における選択の重さを描いた作品。9月10日に発表されるコンペティション部門の最高賞「金獅子賞」を他の19作品と競っている。

フォード監督のデビュー作は、長年のパートナーを亡くした同性愛者の大学教授を描いた2009年の「シングルマン」。ベネチア映画祭で上映されたほか、主演のコリン・ファースは米アカデミー賞にノミネートされた。

第2作発表までに7年の空白があったことについて同監督は、百店舗オープンし、子供ができるなど様々なことがあったとした上で、次の作品は3年後くらいに発表できることを望んでいる、と語った。

最終更新:9月5日(月)17時26分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。