ここから本文です

「真田丸」兼続役 御屋形様・遠藤憲一の直筆FAXに涙

デイリースポーツ 9月5日(月)16時37分配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」に直江兼続役で出演中の俳優・村上新悟(41)が5日、スタジオパークからこんにちは」に出演。御屋形様(上杉景勝)役の遠藤憲一からのサプライズFAXに涙した。

 上杉家を守り抜くため、景勝を支え続ける兼続役。「スタパ」では視聴者からのFAXを受け付けるのが恒例だが、この日は遠藤からの直筆FAXが。村上は「本当ですか?!」と驚いた。

 直筆FAXは「今日はお疲れ様!真田丸では、どんなに時代が変わろうと、必ず二人一緒だったので、今後も撮影が終わるまで一緒にいて下さいね。撮影も残り少なくなったけど、最後まで宜しくお願いします。村上君と共演できたこと、感謝しています!ありがとう。遠藤憲一」というもの。

 村上はFAXをしみじみ見つめると、MCの女優・竹下景子の「謙虚な御屋形様…」という言葉に「いやー、そうなんです」と話すと、瞳がウルウル。竹下が「大丈夫ですか?」と気遣うと、「大丈夫です」と答えながら、鼻をすすり、「こういう御屋形様ですから、命駆けで守っていきたいと思えるんです」と声を震わせながら忠誠心のコメント。その後も感極まり、「すみません…ちょっと」と涙を堪える場面があった。最後は「遠藤さん、ありがとうございます」と感謝していた。

 村上は22歳、23歳、25歳、26歳と俳優・仲代達矢が主宰する「無名塾」を受験し、4度目の正直で合格した苦労人。番組では自宅の写真も公開され、段ボールで作ったテーブルなどが紹介され、「引っ越しの時に捨てちゃったんでテーブルがなくて。段ボールに100円ショップで買った木目調の紙を貼って、中をくりぬいたら、ちょっといいな、って感じになって、そのまま(使ってます)」と話していた。

最終更新:9月6日(火)9時38分

デイリースポーツ