ここから本文です

LINEが新事業「LINEモバイル」を発表 主要SNSの通信量をカウントしない“カウントフリー”を実現

ねとらぼ 9月5日(月)21時0分配信

 LINEは新たなMVNO事業である「LINEモバイル」の提供を開始しました。本日より2万契約限定で先行販売を行い、10月1日より本公開となります。

【8種の対応端末】

 LINEモバイルの特長は「コミュニケーションフリー」。「LINE」「Twitter」「Facebook」といった主要SNSのデータ通信量をカウントしない“カウントフリー”を実現しており、スマートフォンをコミュニケーションツールとして活用する人向けのサービスと言えそうです。

 料金プランは、月額500円(税別)で「LINE」の通信料がカウントされなくなる「LINEフリープラン」と、「LINE」「Twitter」「Facebook」の主要機能が使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」の2種類を軸に、データ容量上限などに応じて多彩なプランが用意されています。

 対応端末として、最新の防水スマートフォン「AQUOS mini SH-M03」や、2台持ちとしても使いやすい1万円台のリーズナブルなスマートフォン「BLADE E01」など、8種類の端末が発表されています。

最終更新:9月5日(月)21時0分

ねとらぼ