ここから本文です

スペインの政権不信任、格付けに悪影響=ムーディーズ

ロイター 9月5日(月)20時50分配信

[ロンドン 5日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5日、政権発足が遅れているスペインについて、格付けに悪影響をもたらすとの見方を示した。スペインの格付けは現在Baa2、見通しは「安定的」。

スペイン議会は2日に、ラホイ暫定首相の続投の是非を問う信任投票で再採決を行ったものの、8月31日に続き、政権発足に必要な最低票数に届かなかった。今後2カ月以内に各党間で合意が得られない場合、3度目の選挙が実施される見通しとなっている。

ムーディーズはリポートで「政治的な行き詰まりにより、12月に今年3回目の総選挙のリスクが高まっており、マクロ経済の構造改革や財政改革が実施される可能性がさらに低下している」と指摘した。

同社は10月14日に格付け見直しを予定している。

最終更新:9月5日(月)20時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。