ここから本文です

【次回注目馬】ダブルコーク、千直で見せたスプリント適性 1200メートル投入なら

スポーツ報知 9月5日(月)13時3分配信

◆ダブルコーク(9月4日、新潟12R、500万、芝1000メートル=6着)

 6週連続開催で、そのうえすべて芝はAコースで施行された夏の新潟。終盤戦はやや芝を固められたのか高速化が進み、それでも荒れた内を通った組は伸び切れずに、外枠、外に進路を取った馬が有利に運んだ。もちろん、その状況下だけに直線の1000メートルはより、その傾向が強い。

 距離短縮すれば、と当たりをつけていたこの馬が、6ハロンを飛び越えて、一気に千直へ投入。ただ、7番枠で外に妙味がある馬が多く、印は回らなかったが、そのレースぶりはスプリント適性を示すもの。ダッシュがつかず、後方からになったが、エンジンがかかってからは、内めに進路を求めながら、しっかりと伸びている。外めをスムーズに運べていれば、上位争いにも加われたか。

 左回りの方がスムーズに駆けられるだけに、中山では過去に1走(1800メートル)しかしていないが、芝1200メートルへ使ってくれば、妙味十分だ。(中野 達哉)

最終更新:9月5日(月)16時44分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ