ここから本文です

「スペースチャンネル5」がVRで帰ってくる! 「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」東京ゲームショウに出展決定

ねとらぼ 9月5日(月)22時20分配信

 今より約15年前に発売された、セガの音楽ゲーム「スペースチャンネル5」。テレビ局のリポーターである主人公「うらら」が、歌と踊りでさまざまな難(珍?)事件を解決していくという内容のゲームでした。そんなゲームが「あらかた15周年」となった今、VRとして帰ってきます。その名も「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」。

【初代「スペースチャンネル5」】

 今回のスペースチャンネル5は、いつもながらの音楽ゲームとしてではなく、番組閲覧者の1人として主人公「うらら」のリポートショーを体感するVRコンテンツとなっています。自分の目の前を通り過ぎる「うらら」の姿や、オリジナルゲームでは知り得なかった番組製作の舞台裏が垣間見れたりと、VRならではの新しい楽しみ方を提供するコンテンツにしていきたいとのこと。

 また、セガゲームスは東京ゲームショウ2016内のKDDIブースにてデモ版を展示すると発表しており、ここではいち早くデモ版のVRショーを体感することができます。なお、この「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」ですが、製品版の発売日及び対応ハードは未定とのこと。

最終更新:9月5日(月)22時20分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]