ここから本文です

広島・黒田、マツダでのV願う「地元で決めることができれば最高」

デイリースポーツ 9月5日(月)19時43分配信

 広島の黒田博樹投手(41)が5日、本拠地マツダスタジアムでの優勝に願いを込めた。25年ぶりの優勝へマジックは現在「4」で、最短優勝は7日。この日、マツダスタジアムで練習した黒田は「地元で決めることができれば、最高のこと」と話した。

 広島は6日からマツダスタジアムで中日3連戦を戦い、9日は試合の予定がなく、10日からは東京ドームで巨人と2連戦。本拠地で優勝を決めるためには8日が“リミット”となる。黒田自身は登板予定がなく、チームメートに思いを託す。

 8月24日の巨人戦で優勝マジック「20」を点灯させ、破竹の勢いで突き進んできた。4カード連続で勝ち越しに成功するなど、チーム状態は上昇カーブを描く。「誰というのではなく、一つになって戦っている。それがいい結果を残し続けている要因だと思う」と黒田。悲願へと突き進むチーム。最高の仲間と最高のファンとともにに、チャンピオンフラッグを広島の空に掲げる。

最終更新:9月5日(月)19時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。