ここから本文です

KANDYTOWNセルフタイトルの1stアルバム、新曲MV&詳細発表

音楽ナタリー 9月5日(月)21時0分配信

KANDYTOWNが1stアルバム「KANDYTOWN」を11月2日にリリースすることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

タイトルに自らの名を用いた今作は、クルー名義で初の全国流通作品。CDにはファッションブランド「Reebok CLASSIC」とのコラボムービーでも話題の「Get Light」を含む全19曲が収録される。初回限定盤はバイブルサイズの書籍仕様で、KANDYTOWNとしては初めて全MCが参加した楽曲「Oboro」を含む3曲入りのボーナスディスクや、30ページのフォトブック、ポスタージャケットが封入される。また、タワーレコードとTSUTAYAの店頭ではそれぞれ異なる未発表楽曲を収めたCDが、応援店ではステッカーが、数量限定の店舗特典として付属する。

なお、このタイミングで作品のアートワークと収録曲「Paper Chase」のミュージックビデオも解禁。アートワークはクルーの中心人物でありアートディレクションも手がけるIOによるもので、CDジャケットにはメンバーYUSHIが描いたイラストが使用されている。

一方「Paper Chase」のMVは、IOがメンバーとして名を連ねる映像制作チーム・THE TAXi FILMSがディレクションした。楽曲はプロデューサーMIKIのピアノのサンプリングが印象的なトラックに、MUD、YOUNG JUJU、DIANという3人のMCが参加した彼ららしいスタイルのヒップホップチューンに仕上がっている。

KANDYTOWN「KANDYTOWN」収録曲
01. Intro
02. R.T.N
03. Twentyfive
04. Get Light
05. Just Sink
06. Evidence
07. Good Die Young
08. Beautiful Life
09. Round & Round
10. Ain't No Holding Back
11. Amazing(Interlude)
12. Feelz
13. Song in Blue
14. Scent of a Woman
15. Paper Chase
16. A Bad
17. The Man Who Knew Too Much
18. Against
19. Rainy Night

初回限定盤ボーナスディスク
01. Oboro
02. Rap City
03. Dejavu

最終更新:9月5日(月)21時0分

音楽ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。