ここから本文です

℃-ute武道館に吉田、伊調、登坂が登場

デイリースポーツ 9月5日(月)21時37分配信

 女性5人組アイドルグループ℃-uteが5日、東京・北の丸の日本武道館で行ったライブに、リオ五輪で金メダルを獲得した女子レスリングの登坂絵莉選手(23)、伊調馨選手(32)、銀メダルの吉田沙保里選手(33)がゲスト出演した。

 5人が昨年歌った「ありがとう~無限のエール~」が日本レスリング協会公認の選手団讃歌となり、五輪直前合宿を訪問したり、メールしたりと親交を深めてきた。

 メダルを持参した伊調らに矢島舞美(24)が「テレビで観戦して本当に感動しました。お疲れさまでした」とねぎらった。吉田選手は「℃-uteの応援に背中を押され、いい成績を収められました」と“勝利の女神”に感謝した。

 萩原舞(20)が「女子会したい」とおねだりすると吉田から「スケジュール決めて、本当にやろうね」と提案され、大喜び。500グラムのメダルを手渡された岡井千聖(22)は「500グラム?赤ちゃんみたい」と驚嘆。メンバーから「小さすぎるよ」と突っ込まれ「それじゃ犬の(赤ちゃん)か」と天然ぶりを発揮した。

 この日は、来年6月のさいたまスーパーアリーナ公演で解散することを先月20日に発表してから初の単独ライブ。デビュー曲「桜チラリ」や「Kiss me愛してる」などA面シングル全43曲を熱唱し、ファン1万人を熱狂させた。萩原は「あと9カ月間、1滴の涙も流さないで、ファンのみなさんの笑顔を目に焼き付けます」と宣言した。

最終更新:9月5日(月)22時35分

デイリースポーツ