ここから本文です

岸本斉史「BORUTO」のアニメをジャンプのアニフェスで上映

コミックナタリー 9月5日(月)21時19分配信

集英社主催による招待制のアニメイベント「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」にて、岸本斉史原作による「BORUTO-ボルト-」のアニメが上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

劇場アニメが2015年に公開された「BORUTO-ボルト-」。現在週刊少年ジャンプ(集英社)では岸本原作・監修、小太刀右京脚本による池本幹雄「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」が月1ペースで連載されている。アニメではどのようなストーリーが紡がれるのか期待しよう。

「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」は11月27日に東京・よみうりホールにて開催され、12月4日には札幌、名古屋、大阪、福岡の4都市でも実施。「BORUTO-ボルト-」のほか、堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」、附田祐斗原作による佐伯俊「食戟のソーマ」、仲間りょう「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」、助野嘉昭「双星の陰陽師」、田畠裕基「ブラッククローバー」のアニメが上映されることが決定している。発売中の週刊少年ジャンプやジャンプスクエア(集英社)では観覧の応募を受付中だ。

「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」開催スケジュール
日程:2016年11月27日(日)
会場:よみうりホール

日程:2016年12月4日(日)
会場:札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 梅田・本館、TOHOシネマズ なんば・本館、TOHOシネマズ 天神・本館

最終更新:9月5日(月)21時19分

コミックナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。