ここから本文です

「サンケンロック」のBoichiが描く近未来東京のSF、ヤンマガで開幕

コミックナタリー 9月5日(月)21時38分配信

「サンケンロック」のBoichiによる新連載「ORIGIN〈オリジン〉」が、本日9月5日発売のヤングマガジン40号(講談社)にてスタートした。

「ORIGIN〈オリジン〉」の舞台は2048年の東京。ユーラシア鉄道が開通し、東京はテロと犯罪の坩堝と化していた。「人間の姿をしてるが人間とは違うもの」の存在がまことしやかに囁かれている中、とあるチンピラたちの犯罪計画に刀の柄だけを持った男が加わり……。BoichiによるSFバイオレンスアクションが展開されていく。

このほか今号には古泉智浩の読み切り「とどめを刺すだけの簡単な仕事」が登場。ドキュメンタリー形式で、タイトルの通り“とどめを刺すだけ”の仕事人の働きが描写されている。

最終更新:9月5日(月)21時38分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。