ここから本文です

仙台89ERSが魅せるチームバスケ、けん引するのは160センチのPG=Bリーグ

スポーツナビ 9月5日(月)12時6分配信

 9月22日に開幕を迎える男子プロバスケットボールの新リーグ「Bリーグ」。B1に所属する18クラブのうち、今回は東地区の仙台89ERSを紹介する。

■熱心なブースターに支えられる「オリジナル6」

 チーム名には意味がある。プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスは「イヌワシ」。Jリーグのベガルタ仙台は織り姫「ベガ」と彦星「アルタイル」に由来する造語。ならば仙台89ERSは? 西暦に由来することは察しがつくだろう。正解は1889年の市制町村制施行により「仙台市」が誕生したこと、その後1989年に政令指定都市となったことから「89」をフューチャーして名づけられた。

 2005-06シーズンから始まったbjリーグの「オリジナル6」の1つであり、昨シーズン、リーグ4番目の平均観客動員数を記録するなど熱心なブースターに支えられており、アリーナの雰囲気は最高だ。子供ライオンをモチーフにしたキャラクター「ティナ」のリードで大いに盛り上がる。

■持ち前のスピードで活路を開く「チームバスケット」

 その持ち味は「スピード感溢れるチームバスケット」。メンバーの入れ替えはあってもその長所を継続してチームを作った。選手層が手薄で1人1人の負担が大きく、なかなか劣勢を挽回できない状況だったが、同じポジションに複数の選手を配置する補強に成功し、今シーズンは「タイムシェア」が可能になった。

 熊谷宜之の獲得は昨シーズンからチームに在籍する片岡大晴、柳川龍之介らに刺激を与えている。さらに、インサイドの坂本ジェイもチームに加入。万全のコンディションを取り戻すことができれば、こちらも大きな戦力アップは間違いない。

 このチームをけん引するチームの顔は160センチの志村雄彦だ。ハートの強さ、アグレッシブなゲームメークでチームを引っ張っていくことだろう。東日本大震災で1年間の活動休止に追い込まれるなど、さまざまな経験を積みながら、しっかりこのチームの礎を築き上げてきた。新戦力の獲得で意気上がるチームにあって、精神的支柱となる彼の活躍から目が離せない。

最終更新:9月6日(火)11時16分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]