ここから本文です

浅野史郎氏、上沼恵美子の高畑淳子批判をチクリ「言い過ぎだと思う」

スポーツ報知 9月5日(月)15時8分配信

 元宮城県知事の浅野史郎氏(68)が5日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)にコメンテーターとして出演。4日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜・前11時40分、関西・中京エリア)で、司会の上沼恵美子(61)が、強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)と母で女優の高畑淳子(61)親子を批判したことに対して「言い過ぎだと思う」と釘を刺した。

【写真】高畑淳子の発言カット…「メレンゲの気持ち」名前も呼ばれず

 4日の放送で上沼は「ごめんなさいね、高畑さんとはお会いしたことがないですけど…」と前置きしたうえで、裕太容疑者の逮捕を受け、高畑が8月26日に行った謝罪会見について「過保護が服着てしゃべっている感じがしました」「芝居がかっている」「息子にホンマに怒ってない」「被害者が見えてこない」などと厳しい口調で話していた。

 前日の上沼の発言について、浅野氏は、まず「言い過ぎだと思う」とピシャリ。「お母さんというだけでこんなに厳しくしていいのか」と続け、逮捕後、共演した芸能関係者から「あいさつできない」「終わるぞと言った」など裕太容疑者への批判が相次いでいる現状についても「親の責任ってだけでなく、周りの責任というのもあるのではないか」とした。

 「淳子さんをこういう風に攻めるのには違和感を感じる」と“上沼発言”に苦言を呈した浅野氏。宮根誠司キャスター(53)は裕太容疑者の逮捕前に同容疑者とマネジャーが番組前に楽屋まであいさつに来たことを明かし、「ホワ~ッとした感じ。独特の空気感を持っている人かなあと思った」と振り返り、問題視されているあいさつについても「あいさつはマネジャーさんの(『高畑です』という)紹介でしましたけど…」と口を濁していた。

最終更新:9月5日(月)20時10分

スポーツ報知