ここから本文です

【なでしこ】伊藤美紀が「代表候補」へ意気込み「自分のものにしたい」

スポーツ報知 9月5日(月)20時53分配信

 なでしこジャパンの代表候補合宿にトレーニングパートナーとして参加しているMF伊藤美紀(20)=INAC神戸=が5日“なでしこ昇格”への意気込みを示した。

 今合宿には故障者が続出したため、2日前に急きょ招集が決まった。ただ、肩書は「代表候補」ではなく、ただ1人の「トレーニングパートナー」。それでも千葉県内で行われた合宿2日目、実戦形式も交えた約4時間の2部練習で、代表候補18人と同じメニューを消化。「トレーニングパートナーですけど、初めて“なでしこ”というところで練習することになって、今持っている力がどれだけ通用するか試されているし、まだまだやれていないところも多いと感じた。いい経験ができています」と充実の時間を過ごしている。

 身長150センチと小柄だが、精度の高いキックが持ち味。INAC神戸では昨季、現役引退した澤穂希さん(37)とボランチでコンビを組み、英才教育を受けた。今年8月のU―23日本代表候補合宿のパフォーマンスを評価し、抜てきした高倉麻子監督(48)も「代表候補の選手と一緒にやってみて、感じてもらいたい。もちろん、プレーが良ければ(今後代表に)呼ぼうと思っている」と将来性に期待を寄せる。

 合宿3日目の6日には、男子大学生との練習試合も行われる予定だ。アピールを狙う伊藤は「目標はなでしこ。やるからにはみんなと同じ気持ちで、引けを取らないようにやりたい。遠慮がちなところがあるんですけど、合宿も残り少ないので気持ちを切り替えて(経験を)自分のものにしたい」と目を輝かせた。

最終更新:9月5日(月)20時53分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。