ここから本文です

℃―uteが解散発表後、初の単独公演「この5人で突っ走る」

スポーツ報知 9月5日(月)22時10分配信

 来年6月の埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演をもって解散する女性5人組グループ・℃―ute(キュート)が5日、東京・日本武道館で解散発表後、初の単独公演を行った。

 日本レスリング協会公認の選手団讃(さん)歌「ありがとう~無限のエール~」を歌う縁で、女子個人種目で五輪史上初の4連覇の伊調馨(32)、女子53キロ級銀メダルの吉田沙保里(33)、同48キロ級金メダルの登坂絵莉(23)がサプライズ出演。1万人の大歓声を浴びた吉田は「応援ありがとうございます。皆さんの声援のおかげでいい成績を残すことができました」と感謝。萩原舞(20)から女子会開催を提案されると、「スケジュールを決めてやりましょう!」と笑顔で応じた。

 貴重メダルを手にした5人は大興奮。リーダーの矢島舞美(24)は「リアルタイムで見てめっちゃ泣きました。ライブが大成功しそう」と喜びを爆発させた。

 この日は約3時間で、CDデビュー曲「まっさらブルージーンズ」(06年)から最新曲「何故人は争うんだろう?/Summer Wind/人生はSTEP!」(16年)までA面シングルのみ43曲を熱唱した。フィナーレは、ファンから1番人気の高い曲の「Kiss me 愛してる」だった。

 5日早い「キュートの日」になったが、鈴木愛理(22)は「どんな状況であっても、集まってくれるのがうれしい。これからも(キュートの日が)皆さんの心に残る日になればいいな」。中島早貴(22)も「振り返ったら、これが『青春!』って言える。(解散までの)9か月間、この5人で突っ走ろうと思う。応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

最終更新:9月5日(月)22時12分

スポーツ報知