ここから本文です

【侍U18】鈴木がベストナイン…甲子園不出場ながら全戦で3番、チーム1号弾も

スポーツ報知 9月6日(火)6時5分配信

 台湾で行われた第11回U―18野球アジア選手権で、2大会ぶり5度目の優勝を果たした高校日本代表が5日、帰国した。同大会の表彰選手が発表され、鈴木将平外野手(静岡高・3年)がベストナインに選ばれた。「お祝いのメールがいっぱいきました。今回の日本代表の経験を、今後に生かしていきたい」と、喜びを語った。

 今夏の甲子園不出場ながら日の丸を背負った男が、非凡な打撃センスを見せつけた。全6試合で3番を任された。高校で3年間、木製バットで練習した成果を発揮して通算21打数8安打6打点。3割8分1厘をマーク、攻撃の中心としてチームをVに導いた。初戦の香港戦では、チーム第1号となる2ランを放った。「自分のスイングできれいに回転できた」と振り返った。

 今大会の活躍ぶりで、スカウトの評価も急上昇。本人もプロ入りの意志が強く、今月中にも、県高野連にプロ志望届を提出する予定。7日には高校で、報告会を行う。

最終更新:9月9日(金)17時33分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]