ここから本文です

白鵬、出稽古回避し、2部稽古で秋場所出場を目指す

スポーツ報知 9月6日(火)6時5分配信

 横綱・白鵬(31)=宮城野=が決意の“2部稽古”で秋場所(9月11日初日・両国国技館)の出場を目指す。5日、前日に続き東京・墨田区の部屋に姿を見せた横綱は、「1日2回、トレーニングをやってます。それなら1週間の(遅れを取り戻せる)感じですね。出稽古のことは考えていない」。場所前恒例の出稽古を回避。朝稽古と夕方にジムで調整を行っていることを明かした。

 左膝などの負傷で3日まで4日連続で自宅療養という異例の事態。「上半身の状態はいいんだけど…」と稽古場に入る際も足を引きずり、階段も満足に上れないのが現状だ。この日も、てっぽうや俵に足を乗せて移動しただけ。名古屋場所で痛めた右足親指を夏巡業でかばって古傷の左膝の痛みを発症。「今度はダブル、トリプルで来ちゃった。本場所中と違い場所前の痛みだと調整は厳しいね」と不安は残る。

 それでも出場への思いは捨てない。取組編成会議前日の8日が決断のメド。状況次第では初日前日まで可能性を模索する。「希望ですね。あと1週間あるから時間があると言えばあるけど、ないと言えばない」。強行出場への突貫調整は果たして実を結ぶか―。(網野 大一郎)

最終更新:9月6日(火)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。