ここから本文です

【セントウルS】ビッグアーサー、秋初戦の重賞制覇へ順調!藤岡調教師「力出せる」

スポーツ報知 9月6日(火)6時5分配信

◆第30回セントウルS・G2(11日・芝1200メートル、阪神競馬場)

 スプリンターズSの前哨戦、第30回セントウルS(11日、阪神)で、今年の高松宮記念の覇者ビッグアーサーが秋の始動戦を迎える。1週前には栗東・坂路で49秒5を叩き出すなど調整は順調。春秋短距離G1連覇へ、G2制覇で弾みをつけるか。

 短距離界の絶対王者へ第2章の幕開けだ。高松宮記念でG1初優勝したビッグアーサーが、春秋スプリントG1制圧に向けて始動する。「チャンピオンという立場で出るわけだからね」。藤岡調教師は気合十分だ。

 衝撃のG1制覇だった。昨秋の京阪杯から重賞3連敗だったが、2か月の間隔を取った頂上決戦で1番人気に応えてレコードV。「持ち味を出せたし、強い勝ち方をしてくれた」とトレーナー。高速馬場で自慢の速力を発揮した。

 放牧で充電後の調整も順調だ。先月25日に栗東の坂路を51秒0、31日には49秒5の猛時計。イメージ通りに描く上昇曲線に藤岡師は納得の笑み。「1週前にしっかりやるのがパターン。ここをやっておけば、当週は上がり重点でいい。春と大きな変化はないけど、精神的に落ち着いている」

 12、13年のロードカナロア(ともに2着)など、1番人気が9連敗中の波乱のG2だが、藤岡師に慢心はない。「前哨戦だからと甘い仕上げにすれば反動がくる。いっぱいいっぱいでもないが、力を出せる状態」。秋競馬の開幕重賞でロケットスタートを決めて、一気に突っ走る。(宮崎 尚行)

最終更新:9月6日(火)10時21分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ