ここから本文です

高橋克典、生吹き替え「心込めてやる」

スポーツ報知 9月6日(火)6時5分配信

 俳優の高橋克典(51)、中山秀征(49)、戸田恵子(58)が5日、都内で「キネコ国際映画祭」(11月2~6日、109シネマズ二子玉川ほか)の記者発表会を行った。

 「夢を育てる世界の映画を子供たちへ」をコンセプトにした24回目の映画祭。初参加の高橋は、スペシャル・サポーター。生の吹き替えが見どころの1つだが「心を込めてやらせていただきたい」と気合十分。6回目の参加の中山は「生の声入れは嫌な汗をかく。普段は緊張することはないんですが…」と苦笑していた。

最終更新:9月6日(火)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。