ここから本文です

【ロッテ】井口&福浦、来季も現役続行!球団幹部「もちろん2人とも戦力」

スポーツ報知 9月6日(火)5時3分配信

 ロッテが、現役最年長野手・井口資仁内野手(41)と、通算2000安打が迫っている福浦和也内野手(40)と来季契約を結ぶ方針を固めたことが5日、分かった。球団幹部は「もちろん(2人とも)戦力。頑張ってもらいます。来季もやってくれると思う」と明かした。

 井口は今季、日米通算20年目のシーズン。開幕から1軍に在籍し、ここまで2割6分2厘、5本塁打、34打点と勝負強い。9月1日のオリックス戦(QVC)ではNPB通算1000打点を3ランで決めた。「少しでも長くやれればと思っている」と現役に意欲。プロ23年目の福浦は、7月13日に1軍昇格し、今季ここまで15安打。2000安打まであと73本を残すが、巧みなバットコントロールは今なお健在だ。

 1日には1年後輩のサブローが今季限りで現役引退を表明。福浦は「05年のメンバーがいなくなるのはさみしい」と話していたが、若手が多く占めるロッテ野手陣の中でベテランの存在感は大きい。来季の続投が確実な伊東ロッテを心身ともに支えるのは、この2人しかいない。

最終更新:9月6日(火)5時3分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報