ここから本文です

若狭氏、オリパラ大会組織委事務所の高額賃料を暴露!堀江氏「すごい感覚」と驚く

スポーツ報知 9月6日(火)0時9分配信

 東京都の小池百合子知事(64)の参謀、若狭勝衆院議員(59)は5日、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の入る虎ノ門ヒルズ(東京・港区)の賃料について「組織委の賃料は年間4億円だろう」と暴露し、「情報公開を進めるべきだ」と主張した。同日放送されたテレ朝系「橋下×羽鳥の番組」に出演して明かした。

 共演した実業家の堀江貴文氏(43)は組織委の“大盤振る舞い”について「すごい感覚ですね」とがくぜん。前大阪市長の橋下徹氏(47)は「本気で大改革するなら、メンバーを変えなきゃ」と組織委の人事刷新を提言した。組織委は、都と日本オリンピック委員会(JOC)が出資した外郭団体。

 また、橋下氏は小池氏の都政運営について「失敗している。オリンピックの問題と築地市場の移転問題にこだわるのはダメ。(29年度)予算編成にに力を尽くすべき」と批判した。「(小池氏は)選挙の時に『いったん立ち止まる』と言って、立ち止まることが目的化しているのではないか」と疑問を呈した。

 また、橋下氏は「『都民ファースト』ではなく『業者ファースト』になっている」と指摘。「施設の使い勝手が悪いとされるが、実際使ってみないと分からない」、「(土壌汚染問題は)環境上、問題ないとみんな分かっている。それなのに、延期するのは問題だ」とも述べた。

最終更新:9月6日(火)1時6分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。