ここから本文です

生田絵梨花、憧れの“ロミジュリ”ヒロイン 古川雄大&大野拓朗にチョコおねだり

オリコン 9月5日(月)16時18分配信

 アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花が5日、都内で行われたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表会に共演者の古川雄大、大野拓朗、木下晴香らとともに出席した。憧れだった同作のヒロイン・ジュリエット役を務める生田は「いつかやりたいと思っていたので、ここに立っているのがうれしいし、不思議。緊張に負けない努力をして、精一杯頑張っていきたい」と意気込んだ。

【写真】生田絵梨花、大野拓朗に肩を抱かれながらの熱唱

 シェイクスピアの不朽の名作『ロミオとジュリエット』が新演出と新キャストで復活。国内上演は宝塚歌劇団を除くと今回で約4年ぶり、3回目となる。主役のロミオ役は古川、大野、ジュリエット役は生田と新人女優・木下のダブルキャストとなる。

 前作でもロミオを演じていた古川は「一から台本とロミオに向き合っていけたら。悲しい話ですが最後に希望が残る。希望が残るように純粋に正面から向かっていって、ピュアなロミオを作っていきたい」といい、大野も「いままでの『ロミオとジュリエット』も好きですが、並べるくらい歴史に残る舞台になれたら」と鼻息荒く語った。

 舞台ではロミオとジュリエットの“ラブシーン”もあるが、演出の小池修一郎氏がアイドルである生田を心配。しかし、生田は「ファンの方は心配されるかもしれませんが、来て下さった私のファンの方が、今度はロミジュリのファンになってほしい。そうできるように私が頑張らないと」と話した。

 上演期間中に、ジュリエット役の生田と木下が誕生日を迎えるとあって、プレゼントのリクエストを聞かれた2人。大野が「おじさんが何でも買ってあげるよ」と胸をたたくと、生田は「高級チョコがいいです」、木下は「浮かばないのでお二人のセンスにお任せします」とおねだりした。

 そのほか、ロミオの友人・ベンヴォーリオ役の馬場徹、矢崎広、マーキューシオ役の平間壮一、小野賢章、ティボルト役の渡辺大輔、広瀬友祐、死のダンサーの大貫勇輔、宮尾俊太郎が登壇した。

 同作は来年1月15日から2月14日まで東京・赤坂ACTシアターで、同年2月22日から3日5日まで大阪・梅田芸術劇場にて上演される。

最終更新:9月8日(木)16時36分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。