ここから本文です

℃-ute、武道館で解散発表後初ワンマン  吉田沙保里らレスリング3選手も激励

オリコン 9月5日(月)21時30分配信

 来年6月をもって解散するアイドルグループ・℃-uteが5日、東京・日本武道館で解散発表後、初となる単独コンサート『℃-ute 12年目突入記念 ~℃-Fes!Part1 9月5日も℃-uteの日 at 日本武道館~』を開催した。

【写真】吉田沙保里選手らも登場したコンサートの模様

 同グループが日本レスリング協会公認の選手団讃歌「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」「ありがとう~無限のエール~」を担当したことから、レスリングの吉田沙保里、伊調馨、登坂絵莉の3選手がサプライズで登場。吉田は「℃-uteのみなさんの応援で背中を押してもらい、いい成績を残すことができた」と感謝を込めた。
 
 リオ五輪で獲得した本物の金メダル・銀メダルを持たせてもらうこととなるとメンバーは大興奮。萩原舞(20)は「いいでしょ~!」と客席に掲げ、鈴木愛理(22)はその重みに「早く(一緒に)持って!」と岡井千聖(22)に頼んでアワアワ。中島早貴(22)は「きょうはお忙しいなか、メダルも持ってきていただき、ありがとうございます!」とよろこび、リーダーの矢島舞美(24)は「『メダルを持って帰ってくるから』とちゃんと実現してくれるところがかっこいい!」と尊敬の眼差しを送っていた。

 この日は全シングルの表題曲43曲を披露。アンコールで岡井は「これから6月まで一滴も涙を流さないようにみんなと笑顔で毎日を過ごしていきたい」と“泣きま宣言”。矢島は約1万人のサイリウムに囲まれ「この5人でこの景色をみてることが幸せ」としみじみ。「一番最後がピークになるくらい最後の最後まで成長していきたい」と固く誓っていた。

最終更新:9月6日(火)17時52分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。