ここから本文です

成田・新勝寺方面、「参道口」に統一 JR「東」、京成「西」の混乱解消

千葉日報オンライン 9/5(月) 11:20配信

 千葉県成田市は、成田山新勝寺に通じる表参道方面口の表示が異なっていたJR成田駅「東口」と京成成田駅「西口」の愛称を「参道口」に統一することを決めた。利用者から「分かりにくい」などの声を上がっていたことから、混乱解消を目指し市が統一の愛称を募集。地元の各種団体でつくる選定委員会の投票で決定した。

 JR成田駅と京成成田駅は約150メートル離れて相対する形で立地。このため、両駅の各出口の表記はJRはニュータウン方面口が「西口」、参道方面口が「東口」となるが、京成は参道方面が「西口」、国道51号方面が「東口」となり、同じ参道方面口でも東と西で表示が反対になっていた。

 こうした混乱を解消しようと、市は親しみやすく成田らしい統一の愛称を一般から募集。今年6月中旬から7月上旬までの期間中、県内外から228件の応募が寄せられた。

 応募作品の中から表参道口や新勝寺口、中央口など7点に絞り込み最終選考を実施。地元まちづくり協議会や駅構内を利用するバスやタクシー会社などの関係諸16団体でつくる選定委員会が投票を行い「参道口」が選ばれた。

 応募者の20人から同じ提案があったため、抽選で同市美郷台の山田徳雄さんが採用者として決定した。今月17日の成田伝統芸能まつりで表彰式を行う予定。

 市は今後作成するパンフレットなどの表記を統一するほか、JRや京成なども順次、駅の表示を変更するという。

最終更新:9/5(月) 11:20

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革