ここから本文です

エース、秘密兵器…タイ語版『Goal』編集部が注目する3名のタイ代表選手とは?

GOAL 9月5日(月)21時48分配信

6日に、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でタイ代表と対戦する日本代表。初戦こそ落としてしまったものの、予選突破に向けて仕切り直すためにもタイ戦は是が非でも勝ちたい一戦だ。

だが近年急成長を遂げているタイ代表は決して侮れない。初戦こそサウジアラビアとのアウェー戦で敗北を喫したものの「特有の攻撃展開をしてくる」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督も警戒する。

試合当日は、6万人以上の観衆でスタジアムが埋まると見られており、タイのサポーターも全力で後押しをするだろう。何が起こるかわからないのがアジアの戦いだ。

そこで『Goal』では、タイ語版編集部にタイ代表の注目選手を3名挙げてもらった。

●ティーラシン・デーンダー FW | 28歳 | ムアントン・ユナイテッド所属
タイのナンバーワンFW。2014-15シーズンではリーガ・エスパニョーラのアルメリアでプレー。スペインで成功することはできなかったが、その時より更に成長を遂げた。ワントップでも“偽の9番“でもプレーできる。テクニックがあり、フィニッシュも得意な上に、パスセンスにも磨きがかかってきた。

●テーラトン・ブンマタン 左SB | 26歳 | ムアントン・ユナイテッド所属
前所属のブリーラム・ユナイテッドでは主力の一人だったが、ライバルのムアントン・ユナイテッドに移籍し物議を醸した。攻守ともに高いレベルでプレーする万能型の選手で、サイドバックとして必要な要素をすべて備えている。中盤でもプレーが可能だ。

●シロー・チャットーン FW | 23歳 | ウボン・UMT・ユナイテッド
タイサッカー界の最新兵器。タイ代表チームで唯一ディビジョン1(2部)から選出された。強靭なフィジカルとスピードを武器に持ち、チームでは貴重な攻撃オプションとなっている。代表デビューを果たしたカタール戦では90分出場し、印象的なプレーを見せた。

上記3名の選手以外にも、危険な選手は多数いるだろう。油断は決してできない。
ロシアW杯アジア最終予選の日本代表対タイ代表は6日、タイの首都バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで開催される。キックオフ予定時刻は日本時間21時15分。

最終更新:9月5日(月)21時48分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]